木漏れ日 パート?



アスファルトの道に積もった落葉はと〜ってもビュ〜テフォ〜でごんす。

絨緞を敷いたみたいなのだ。



そりに、この木漏れ日がまたい〜んでないの。

なんか、不思議な世界に迷い込んだみたいだね〜



木々の間から差し込む光、そして落葉。

自然の作り出す造形美には、ため息が出るのでごんす。




フレンチブルドッグひろば
素敵な出会いが待ってるのだ!

“木漏れ日 パート?” への8件のフィードバック

  1. じょせ より:

    秋彦様。。。素敵過ぎます。

    その、タプタプの横に付いてるのは松の葉でしょうか?

    拾い食い?

    そんな、おちゃめな所もこまめは大好きデス

    by 貴方のこまめ



    つーか、すっげぇー写真。さすがプロ!!

    by 母=じょせ

  2. きゃら より:

    すごい。さすが、ボスはプロ。

    で、昨日の、何か出て来たのは、どうなったんでゴンス?

  3. アンジェラ より:

    “木漏れ日パート?”の時に、その茶色い絨毯は何〜!?

    って思ったのですが、アスファルトに積もった落葉だったとは。。。

    さすがボス様!目の付け所が凄い!!

    何かを見つめる秋彦君、何が見えてるのかなぁ〜(^^)♪

    タプタプに付いた葉っぱが〈耳たぶ〉ならぬ〈口たぶ〉につけたピアスみたい(*^^*)。

  4. ぶーたん より:

    秋彦く〜ん その口に付いてる茶色のトゲトゲはなんなのだ〜?

    今年の流行りなのか?

    僕も付けてみたいのだ〜

    どこで売ってるの?



    茶色の絨毯もステキなのだ〜

  5. ぷー子 より:

    まだあどけさの残る秋彦くんの表情がたまりません。。。

    被写体、自然の造形美、ボスの技と愛情がコラボしたすばらし〜い写真に感動です!!

  6. なると姫    より:

    落葉の絨緞。。。木漏れ日。。。

    そして、秋彦くん。。。。

    なんとも絵になりますねぇ〜(^^)

    秋彦くんは何を見つめているのかしら?

    好奇心いっぱいのキラキラ☆した瞳に

    心が洗われます・・・

  7. たろうのママ より:

    秋彦ちゃまと呼ぶには大人っぽくなってきましたね。そろそろ≪秋彦くん≫ですね。

    ところで、≪私は見た!≫・・・何を?

    今日、アニマルプラネットのCMで≪夏彦お総裁≫が右から左へトットット、、、と歩く姿を見ました〜!

    12/28から番組が始まるようなことを言っていたような。【わんこの城】番組名はチョッと定かではありませんが、、、。

    『アッ夏彦総裁だ!』とTVに声かけちゃいました。楽しみにしてま〜す!!!

  8. 夏彦 より:

    ☆じょせさん

    貴方のこまめとは、秋彦にはちょいと刺激的なのだ。

    じょせさん、すっげ〜のはボスではなくて、自然の情景そのものでごんす。



    ☆きゃら支部長

    出現したものは今のところ内緒でごんす。

    あくまでも内緒。



    ☆アンジェラさん

    チミの指摘は以外と鋭い。

    こりはまさしく、フォトジェニックの写真と同じ日に撮影したのものなのだ。

    ネタ切れになるとこ〜してごまかすのがオデとボスの手段でごんす。



    ☆ぶーたん支部長

    茶色のトゲトゲは高価なアクセサリーでごんす。

    チミにも売ってやるでごんすよ〜



    ☆ぷー子さん

    そんなことゆ〜と、ボスが木に登るでごんす。



    ☆なると姫さん

    秋彦は木々の隙間から顔を覗かせる太陽を見つめてるのだ。

    そりは、たそがれの太陽でごんす。



    ☆たろうのママさん

    オデがTVに出ていた???

    定かでごんすか〜???

    オデに間違いなかった???

    こりは確認しなくてはならないのだ。

    ところでカッチョよかったでごんすか〜〜



コメントを残す

calendar
2018年10月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 Web制作会社 カーバンクル


このページの先頭へ