出逢い



この写真は、アンジーがまだ一才を過ぎたばかりの頃の写真でごんす。


2003年一月初旬、まだ35日しか経っていないのにペットショップに売りに出されていたフレンチブルドッグがいたのだ。

売りに出された当日、たまたまペットショップに行ったボスのワイフと息子のKazukiは、ゲージの中で大きな瞳を輝かせていたその小さなフレンチブルドッグを見つけたのでごんす。

当時まだまだ高価だったフレンチブルドッグを、ワイフとKazukiは一目ぼれして、ボスの反対を押し切って買ってきたのだ。

ありだけ反対していたボスでごんすが、その可愛い姿を見たとたん表情が一変し、ニコニコしたのでごんす。
しかも、“犬には犬の生活があるからちゃ〜んとゲージで寝せるよ〜に!”と強く言い放ったにもかかわらず、次の朝起きるとゲージにその姿はなく、ボスの布団の中ですやすやと眠っていたとゆ〜のだ。

ボスは家族の意見を無視し、独断的に“アンジー”とゆ〜名をつけたのでごんす。



アンジーがボスの家に飼われて半年後、ボス夫婦は一頭だけだと寂しかろうと、今度はオスのフレンチブルドッグを探し始めたのでごんす。

ボス夫婦はあらゆるペットショップを回ってアンジーの旦那さん探しをしたのでごんすが、当時はまだ北海道ではフレンチブルドッグは珍しく、なかなかこれはとゆ〜個体を見つけることができなかったのだ。

ある日フレンチブルドッグ専門のショップを見つけたボス夫婦は、そのショップがブリーダー直営だとゆ〜ことを聞き、直接ブリーダーの犬舎に行ったのでごんす。
犬舎に何度も足を運び、そして7月6日生まれの2頭のフォ〜ンの赤ちゃんを見せてもらったのだ。
ボスの家族は3週間迷った挙句、2頭の内の一頭を選んで犬舎から持ち帰ったのでごんす。
(あとの一頭は『BUHI Vol.6』で紹介さりたプッチくんなのだ)

こりが、ボスとオデとの出逢いでごんすが、なぜかしらオデは“夏彦”と名付けられたのでごんす。



こうして、オデとアンジーは晴りて夫婦となったのだ。

そして、そりから半年後の2004年の2月にムースキャビンが建ったのでごんす。



ムースキャビンが建ってすぐの頃のオデとアンジーでごんす。

まだ子供達はいないでごんすよ。

そして、オデも今ほどの大顔ではないし、アンジーの口の周りも今ほど白くはないのだ。

犬生にもいろんな出逢いがあるのでごんす。

出逢いはワンダフォ〜でゴンザレス!!




フレンチブルドッグひろば
素敵な出会いが待ってるのだ!

“出逢い” への18件のフィードバック

  1. ぐん より:

    それほど大顔ではないと言っていらっしゃるようですが遠近感がおかしい気がします・・。

    そにしても人生も犬生もそれぞれ素敵ですね!

    是非夏彦氏のその後の犬生もダイジェスト版で語って頂きたいです!

  2. こはる より:

    お二方の出会いはそんな風な出会いだったのですね。



    暖炉の前の寄り添ってるお姿がいいなぁ〜。

  3. あさみ より:

    やっぱり皆それぞれのストーリがあって、フレンチにはまっていきますよね!!



    ボスさんも最初は反対だったけど、今では逆にはまっているんでは??(笑



    この犬種って面白いもので、多頭飼する人が多いですよね。

    きっと何か、すごい魅力があるんでしょうね♪

  4. アンジェラ より:

    最初にファミリーに加わったのはアンジーさんなのですね(^^)。

    それから夏彦さんが・・・本当にまだ大顔でない!!

    【運命の出会い】ですね〜♪

    そしてファミリーは皆「私達って、超ラッキーねっ!!」と思っていることでしょう♪♪

    私は全てのワンちゃん達が幸せになるといいなぁ〜と思います。



    ところで・・7月のお祭りって何だすか?

  5. かーちゃん より:

    アンジーはそんなに小さいときに売られちゃったの・・・まだまだお母さんのオッパイが恋しかったことでしょう。さびしかったでしょうに・・・

    でも、優しいボスファミリーに出会えて、本当によかったね。

  6. たろうのママ より:

    いろいろな≪犬生≫が本当にありますね。

    アンジーかーさんも、夏彦お総裁もほんの一瞬のタイミングで≪ボスファミリー≫のもとにたどり着いたんですね。

    今度はポーラねーさん、ナタリーねーさん、秋彦ちゃまのの誕生秘話をおしえてください。

    よろしく!!!

  7. sakura より:

    人生、いつ、どこで、どんなタイミングで、誰とめぐり逢うかわからない

    だからこそ運命を強く感じるのでしょうね〜

    反対していたボスが翌日、布団でアンジーちゃんと寝ていたという話、笑っちゃいました♪♪

    でもお気持ちがよ〜くわかります!!!



  8. あま糖 より:

    そうだったんですか。

    夏彦氏がアンジーのところに婿入りしたんですね。

    女帝に頭が上がらない訳が分りました。(失礼!)^^

    ところで、「なぜかしらオデは“夏彦”と名付けられた・・・。」のくだり、すんごく気になります。

    ボス、こんどは夏彦命名の由来を、是非聞かせて下さい。

    お願いしま〜す!!

  9. shyaka より:

    こんにちはぁ〜♪



    若い?頃のお二人(犬)の写真は

    とても初々しい感じがします。



    暖炉の前でのツーショットは素敵☆



    ワタクシも早く伴侶を探さねば・・・(汗)

  10. きゃら より:

    ふうん、体が大きくなってから、顔が育つんですね。

    まさか最後の写真は、生後5か月の総裁ではないですよね。しかも、よぉく見ると、総裁、アンジーさんをなめてる!

    この頃はまさか自分がこんなスーパースターになるとは思っていなかったでゴンスね。

    犬生もいろいろですが、みんな幸せになってほしいものでゴンス。



  11. ぶーたん より:

    ほほ〜 ボスファミリーとアンジーさん、お総裁にはそういう出会いだったんだ〜

    いろいろな出会いがあるんだね〜



    暖炉の前のおふたりさん ラブラブなのだ〜

    うらやましい〜〜〜



    きなこママさんから頂いたムースキャビンのふき、おいしかったですよ。夏彦くんの香りがしたような・・・byぶーたんママ

  12. タロママ。 より:

    素敵な出逢いだったのですね〜。

    胸がキュンッとしました。

    今の貫禄ある夏彦とは違って、

    若々しい入婿っぽい感じが良いデスネ?



    ペットとの出逢いは特にonly-oneだと思います。

    相手からのアプローチに言葉がないので余計に。

    感覚的な動物的な力が働いている様に感じます。



    私はアンジーの大ファンです!

    白い口タブが好きです。子どもの頃には判断しにくいですよね。

    ウチの太郎丸も迎えて半年になるのでそろそろ同居犬を迎えた

    いこの頃です。

    アンジーのような女帝素養のある活発な口タブの白くなる子

    との出逢いを見つけたいのです。

    それってアンジーそのものやないかって感じですね(^。^;)

  13. かづママ より:

    最後の1枚は若夫婦っていう雰囲気が漂っている写真ですね♪

    ボスの息子さんもkazukiっていうのですね〜うちもkazuki・・うちのkazukiにそのことを話したら「ほんと?わ〜い」って喜んでました。。(笑)

  14. pon より:

    「♪あの日、あの時、あの場所で〜♪」とは小田和正さんもよく歌ったものですね。

    出会いは本当ひょんな事から・・・だけどそこから生まれるドラマは数知れず・・・ですね。

    我が家のワンコも今年8歳を迎え、お口の回りや目の回りなど、だいぶ白髪が増えてきて、ちょっぴり胸がキュンと切なくなることもありますが、私もボス様のように、我が家のワンコにもより多くのよい思い出をたくさん作ってあげたいな、なんて考える今日この頃です。その子が生涯を終える時、「犬生は素晴らしい!!」って思ってくれたらいいなぁ〜、なんて事を思うだけで、目頭が熱くなってしまいます・・・。

  15. ぶぅちゃん より:

    見せ付けられてるお〜

    うらまやしいお

    夏彦総裁もアンジーママさんも若いお

    アンジーママさんの逆バージョンで

    素敵な女の子に出会いたいお

    嫁にお願いするお〜

  16. 夏彦 より:

    ☆ぐんさん

    遠近感はおかしくないのだ。

    確かに犬生はワンダフォ〜でごんす。

    が、しかしオデの犬生は語るほどのものではないのだ。



    ☆こはるさん

    この頃のアンジーはシジョウに優しかった。

    今もたまには優しいけんども・・・



    ☆あさみさん

    オデ達にはオデ達特有の魅力があるのだ。

    オデ達との出逢いはボスにとってもかけがいのないものなのだ。



    ☆アンジェラさん

    オデ達はみなハッピ〜でごんす。

    かなやま湖水祭りのことなのだ。

    ボスは野外ステージでドラムを叩くのでごんす。



    ☆かーちゃんさん

    ボスとアンジーの愛人関係は、最初の夜にできてしまったのだ。



    ☆たろうのママさん

    出逢いは一瞬、しかしこりは必然なのでごんす。

    秘話は公開するものではないのだ。

    気が向いたら公開するかもしれないね〜



    ☆sakuraさん

    ボスはいつも手のひらを返す男でごんす。

    そこがいいところでもあるのでごんす。



    ☆あま糖さん

    夏彦の名前の由来は気になるのも解るでごんすが、なんとなくとゆ〜のが真実なのだ。



    ☆shakaさん

    あの頃のオデ達夫婦はたしかに初々し〜。

    伴侶探しに焦りは禁物でゴンザレス。



    ☆きゃら支部長

    顔は最後に大きくなるのでごんす。

    ボスによると、最初から本は出るものと勝手に決め込んでいたらし〜。



    ☆ぶーたん支部長

    あの頃は楽しかったね〜。

    それにしても、オデの香りのするフキとは・・・

    オデがチッコをかけたフキかもしれないね〜



    ☆タロママさん

    アンジーは最初から女帝だった訳ではないのだ。

    子供を育てた辺りからでごんすよ。

    しかしながら、女帝女房とゆ〜のは、夫婦円満のシケツでもあるのでごんす。



    ☆かづママさん

    ボスの息子と同じ名前とゆ〜のは、喜ばしいことでもないと思うオデでごんす。



    ☆ponさん

    そうそう、人生も犬生も同時にワンダフォ〜なのだ。

    天国への手土産はたくさんの思い出でごんす。



    ☆ぶぅちゃん支部長

    確かにあの頃のアンジーはとってもキュ〜トでゴンザレス。

    チミにもステキな伴侶が見つかるとい〜のだ。





  17. たるきぃとな一美 より:

    懐かしい話、その頃のボスの噂が耳に入ったのを思い出しました(笑)



    当時すでに帯広に、フレンチ・ブルドッグは居たんですけどね……



    出逢いって、本当に縁ですものね〜



    私も、ボスと夏彦ファミリーに出逢えて良かった!

  18. 夏彦 より:

    ☆一美ね〜さん

    も〜、懐かしい年月を経たのだ。

    う〜む、考え深いでごんす。

    出逢いはワンダフォ〜!

    こりからもヨロチクでゴンザレス!!

コメントを残す

calendar
2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 Web制作会社 カーバンクル


このページの先頭へ