バリの話パート?



ボスが海外へ行く時は、いつも現地のシト達との交流を大切にする。

これは大事なことでごんすが、彼らにとってボスは、日本人以外の何者でもなく、言わばボスは日本人代表とゆ〜ことになるのでごんす。

こりは、我らが日本人(オデのバヤイは日本犬)としてはシジョウに心配な事態なのだ。



ともあれ、ボスは今回もいろんなシトと交流を持ったのだった。

ウブドのライステラスで会ったこのオジサンは、はにかみながら自分の被っているのと同じ帽子を売っていた。

ボスがいくらですかと問うと、オジサンは“う〜ん、50000ルピア”と言ったのだった。
ボスは“そんじゃ〜40000ルピア(約500円)で買おう”と言ったのでごんす。
オジサンは上機嫌で帽子をボスに被せたのだ。
これは多分ボスの交渉は失敗だったと見た。オデの予想では20000ルピアでも買えたと思われる。



続いて、バリ人の民家のオジサン。
このオジサンには前回の旅の時にも会ってるのだ。
自分の家を見せて、チップを貰っているようでごんす。

ボスは5000ルピア(約60円)をオジサンに渡したのだが、“ありがとう”の言葉は聞かれなかったそ〜だ。

バリの一般の家庭のお給料が、3万円〜4万円らし〜ので、1日30人のシトが訪れたとすると、このオジサンはそこそこのお金持ちになるのだ、



有名なタナロット寺院でヘビを操る男でごんす。

多分ヘビを担がせて写真を撮らせてお金を取っていると、ボスは思ったのだ。

それにしても、ヘビの良く似合うオジサンなのだ。



ウブドの近くにあるレストランの従業員でごんす。

バリ人はカメラを向けるとニコッと屈託のない笑顔を返してくれるのでごんす。

どこかの国のシト達みたいに、“写真を撮るなら金をくれ!”とは言わないのだ。



ユー達もバリ島へ行ったら、現地のシトとお話してみるとい〜のだ。
(ボスのバヤイはほとんどボデ〜ランゲ〜ジ)
思いで深い旅になるでごんすよ。

今日も来場してくれたユー達、
“トゥリマカシー(ありがとう)”でゴンザレス!




フレンチブルドッグひろば
素敵な出会いが待ってるのだ!

“バリの話パート?” への10件のフィードバック

  1. アンジェラ より:

    わぁ〜ボス様が大蛇を担いでいる姿も見たかったです〜♪。

    私はタイへ行った時、象に背中の足踏みマッサージしてもらいました(全く気持ち良くなかった・・・)。

    民家のオジサンと隣にいるワンコは激細!!ちゃんとご飯食べているのかな〜心配。。。



  2. かづママ より:

    なんともステキな写真たちですね。バリの人は基本的に性格が良いのだと思います。両替商で1万円分両替したのに6千円分しか両替してくれずハッキリいって騙されたのですが1時間後に文句言いにいったら4千円アッサリ返してくれたので・・・ホントはいい人なんだと思いました。

  3. れいんぼーまま より:

    うちの子供が高校の修学旅行でシンガポール・マレーシアへ行った際、大蛇を持った現地の人が「ヘイ!ボーイ!」と呼び止め、友達の首に大蛇を巻いてくれたとか。

    うちの子供は「なんだか怪しいぞ」と思い、近づかなかったそうなのですが、案の定、友達は5ドルくらいとられたとか・・・。

    そんな子供も、「おみやげ売りのオバサンには、どうもぼったくられた感じがする」と言ってました。

    言い値で支払うのが間違いなんでしょうね。

    親切なお人もいるでしょうけど、コワイ目にあうこともあるので気をつけないといけないでごんすね。

  4. きゃら より:

    ボスは自然とか、動物しか撮らないのかと思ったら、人の良い表情も撮るんですね。

    普通の生活している人の良い表情を撮るのは難しいって、おかやんが言ってました。

    やっぱりボスはすごいんだなぁと思う、ぼくだったのでゴンス。

  5. フーバー丼。 より:

    ボス様。

    お帰りなさりませですやん。

    お総裁もバリをシトにオススメするばかりでなく、今度はバリから生レポ〜タ〜としてお願いしモスのだ〜

  6. たんぽぽ より:

    海外旅行に行くと、いろんな事をに驚いて、同時に“自分は何もわかってないんだ・・・。”と悩んだりして。

    帰りの飛行機の中で「とりあえず英会話から始めよう!」と固い決心をするも、帰宅すると即座に忘れてしまう。

    トホホ・・・です。



    昨日の???はたんぽぽでした。自分の名前も忘れてる。

    終わってるなぁ〜。

  7. 八兵衛ママ より:

    バリの人の後ろに写っている波打つような段々畑(?)を見るとまだまだ自然がいっぱいなんだろうなぁ〜と吸い込まれそうです。(しかも裸足ですね!)

    現地の方の笑顔もスゴイ素敵ですね(^−^)

    それぞれ表情が豊かでその違いがはっきりしているように思います。

    日本人とは少し違っていきいきして見えます。

  8. バリは何語ですか?(笑)

  9. 百太郎 より:

    ぼくのお母さんは〜いつか蛇を首にまいてみたいと思ってるど。

    ぼくのお母さんだけに〜変わってるど。

  10. 夏彦 より:

    ☆アンジェラさん

    象に足踏みマッサージとはゾ〜っとするのだ。

    民家のオジサン自体が痩せすぎでごんす。ワンコはシトに習えってことでごんすかね〜?



    ☆かづママさん

    バリのシトは恥ずかしがりやが多く、正直ものが多いらし〜のだ。

    これは宗教(ヒンズー教)のためかね〜。

    ジャワ人はちょいと違うらし〜のだ。



    ☆れいんぼーままさん

    バリの屋台などでは、観光客価格が存在するのでごんす。

    たとえば、コーラはインドネシア人なら3000ルピアでごんすが、ボスが買うと10000ルピアに跳ね上がるのだ。



    ☆きゃら支部長

    ボスはシトはあまり撮らないのでごんすが、今回はトキナーレンズのWEBサイト用の写真を撮ってきたのでごんす。



    ☆フーバー本部長

    オデはアラスカなら大丈夫でごんすが、南国は苦手なのだ。



    ☆たんぽぽさん

    昨日のコメントは予想どうりでごんした。

    ボスも英語を話せないことにかなりの劣等感をもってるのでごんす。



    ☆八兵衛ママさん

    40年前の日本人はこうだったのではないかな〜と思わせる笑顔なのだ。

    棚田(ライステラス)は土地の有効利用でごんす。バリには自然豊かな場所がまだ残ってるらし〜のだ。



    ☆YUMEさん&アリス嬢

    インドネシア語とバリ語でごんす。



    ☆百太郎副支部長

    チミのお母さんは、ヘビ女ゴーゴンに違いないのだ。

    ゴーゴン、知らない?

コメントを残す

calendar
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 Web制作会社 カーバンクル


このページの先頭へ