悲しみは雪のように



オデの肩に悲しみが雪のように積もってるのだ

一昨日ボスの友達のワンコが急死したのだ

それもまだ離乳したばかりのパピーをおいて



多分二頭のパピーは元気に育って行くに違いない

でも彼らにとってはちょいと早すぎるお別れだったね〜



生き物はみな生まれると同時に死に向かって行く
だからつらい別れはたくさんあるのはわかってるけど・・・

みんな一生懸命後悔のないよう力強く生きるのだ

お母さん犬はちゃんと天国に行けるよう
そしてパピーは幸せに生き抜くことを祈るのだ

ボスの友達はたくさん泣いて
また明日から力強く生きて行こう
それが一番の供養だと思うから・・・

この雪はいつまで降るのかね〜
悲しすぎる雪なのだ。


“悲しみは雪のように” への13件のフィードバック

  1. みえこ より:

    悲しみを乗り越えてそのお母さん犬の大切なパピーちゃんを守っていかなくてはですね。ボスのお友達頑張って下さい!命の尊さを思い知らされました、生きているってほんとに凄い事なんですね〜、当たり前の毎日に感謝です、夏彦君あなたの素晴しいパワーでボスとそのお友達を頼みますよっ。

  2. コロまま より:

    出会いと別れ・・わかっているつもりだけど・・突然の出来事には、たぶん、言葉も出ないと思います。今は、たくさん泣いて、泣いて、良いんです。

    時間だけが、心の傷を癒す、一番の方法だと思います。

  3. の〜♪ より:

    同じ犬飼いとしては心中察してあまりあります。

    いつも、このコ達が突然いなくなってしまったらと想像するだけでも悲しくなってしまいますもんね。

    ボスのお友達も本当に今お辛いかと思います。

    きっと夏彦君の友達は、あまりにもいいコだったので神様が早くそばに置いておきたかったのかもしれないですね。

    きっと今もこの世に残したパピーとご家族、そして夏彦君たちを見守っていると思います。

    ご冥福をお祈りいたします。

  4. きゃら より:

    ぼくのおとやんは、いつも、ぼくを抱きしめて、「長生きしてくれよ〜」って言うよ。

    ぼくも、ずっと元気で、おとやん、おかやん、ゾフィと一緒に暮らしていきたいって思うよ。

    でもどうしようもないことってあるんだね。

    会ったこともない、知らないワンコだけど、なんだかすごく、ぼくも哀しい。

    こういう哀しいって、どうしようもない哀しいで、哀しいだけが、いつまでもころがっているよね。

  5. *sakura* より:

    動物を飼っている人は考えますよね。

    このままず〜っと元気で長生きしますようにと・・・

    でも、いつかは人間にも犬にも同じく、天国からのお迎えは来てしまうものです。

    だからこそ、お互いに今という時を幸せに、楽しく過ごしてもらいたいものです。

  6. 453 より:

    命の尊さ、ありがたさ。

    生きていくということの厳しさを改めて見直したいと思いました。



    ご冥福をお祈りいたします。

  7. 夏彦 より:

    コメント:

    ☆みえこさん

    お母さん犬は今頃パピーのことを心配してるかね〜

    大丈夫なのだ!パピーは立派に成長するのだ。



    ☆コロままさん

    時間が心の傷を癒してくれるよね〜

    でも今は子育てに集中するのでごんす。



    ☆の〜♪さん

    そうなのだ

    お母さん犬は今頃パピーとみんなのことを優しく見守ってるのだ。

    オデたちファミリーもボスのファミリーとの生活を大切に送るのだ。



    ☆きゃらくん

    オデも悲し〜けど

    ボスの友達はも〜っとも〜っと悲しいのだ。

    オデたちはお母さん犬の分もちゃんと生きて行くのだ。



    ☆*sakura*さん

    そうそう毎日の生活を楽しく幸せに送ることに感謝するのだ。

    悲し〜思いは時の経過に委ねよ〜



    ☆453さん

    ありがとうでごんす。

    命の尊さ、ありがたさ

    大切に生きて行かなくてはならないのだ。





  8. 小春母 より:

    今日、両親のお墓参りに行って来ました。

    いつかは来る別れですが、親しかり、愛犬しかり、別れは辛く苦しいですね。

    泣く事も供養になると聞いた事があります。

    だから、泣いて下さい。ガマンなんて無用です。必ず時が癒してくれると信じています。

  9. 黒ブー より:

    ずっとファンで見ていました。この度は本当に残念ですね。夏彦さんもボスもくれぐれもお身体たいせつにね。

  10. 命あるもの、必ず別れはつきものとわかってはいても、いざ現実になると、とても悲しいのDa。

    でも、沢山のかけがえのない思い出も残して行ってくれるコトも事実。悔いのないようにというのは、とてもムツカシイ事だけど、大切な時間をみんなと。そして家族と共に生きて行きたいとオイ丼は思います。

    ボスのお友達さん、悲しい時は沢山泣いてください。その後にはきっと、素敵な事が待っているから。

    焦らず、気負わずに。



  11. リボンの騎士 より:

    ご無沙汰してます。

    2度目のpc故障でハードを取り外すことになり、修理に15日も掛かってしまったのだ

    皆元気そうで、何よりです。

    熊鷹、絵になる生きた芸術品ですね。

    凛として背筋が伸びるようです。

    ボスの友達のワンコのお母さんの冥福をお祈りします。お母さんの変わりに新しい生命が着実にいき続ける事は素晴らしいことであり目に見えないだけで心の中に生き続けるであろう事・・

    時間と共に共有出来る力を備わっていって欲しいです。

  12. 夏彦のボスさん、皆さん、温かい気持ちを有難うございます。 夏彦のボスさん、ママさん、昨日はお花を有難う。 パピィズは元気です、よく食べて、良く遊び、良く寝てますよ。 我が家の18才の爺さんで(と、ではないの)遊んでます。 爺さん、体の自由が利かないから「何とかして下さいよ〜」って目で訴えてます。 悲しみは奥底に流れますが、いつか昇華します。

  13. 夏彦 より:

    ☆小春母さん

    喜怒哀楽はシト本来の姿!泣くことを我慢することはないのだ!

    優しい時間が癒してくれるのだ。



    ☆黒ブーさん

    ずっとファンとはありがたいね〜

    オデとボスはいつも元気で御バカさんなのだ。



    ☆フーバー丼

    フーバー丼!今日のチミはシリアスなんでないの?

    そうそう悲しみの後にはきっと素敵な事が待ってるに違いないのだ。



    ☆リボンの騎士さん

    そ〜なのだ!

    お母さん犬は心の中に生き続けるのだ。

    そして2頭のパピーも立派な成犬に育つのだ。



    ☆たるきぃとな一美さん

    昨日はど〜も!ボスがありがとうでごんした。

    パピーが元気で何よりなのだ。

    フーバー丼が言うように悲しみの後には素敵なことが必ず訪れるのだ。



コメントを残す

calendar
2017年9月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 Web制作会社 カーバンクル


このページの先頭へ