公道ドッグラン開業間近!



アスファルトが出るとなぜか走りたくなるオデ達

雪道よりグリップがしっかりして走りやすいね〜



アンジーのスピードにナタリーもビックリしてしまったのだ



バ〜ッ!!
そんなに飛ばすとオデにぶつかってしまうのだ

臨戦態勢のオデ



ユー達ちょいと何かに気づかないかい?

こうしてみると、走るとオデはいつも一番後ろだね〜

こうやってオデは後ろから家族を見守ってるのだ!

“公道ドッグラン開業間近!” への9件のフィードバック

  1. きゃらママ より:

    えっと、本当は、夏彦くんが先頭なんだけど、くるっとUターンするから、一番後ろになってしまうんじゃなくて? 違う?

    普通は愛犬のお尻の写真ばかりになってしまうから・・・

  2. *sakura* より:

    ぶ〜氏は坂道をみると猛烈ダッシュして上ります。

    それまでは普通に歩いているのになぜなんでしょうか?ブヒの血が騒ぐんですかね(笑)

    夏彦君、家族を見守る大黒柱、カッコイイ!

    ぷりっとした大きなオシリも素敵です。

  3. ママコ より:

    コチラの蒟蒻畑ドッグランはそろそろ遊べなくなってしまいますが

    夏彦くんたちの公道ドッグランはこれからなんですね!

    温かくなってアンジーさんもご機嫌そうで♪

    見守ってる、ねぇ。。。(@ ̄_ ̄)

    もしかして夏彦くん足遅いの!?笑



  4. の〜♪ より:

    もう春間近ですね♪

    確かに後ろから見守っているような…付いていけてないよう…いやいや、きっと夏彦君は後ろから暖かく見守ってるんですね(*^^*)

    アンジー様はそのまま夏彦君へ向かっていくのかと思いました〜☆

  5. コロまま より:

    後ろから家族を見守る・・良いパパさんですね、夏彦君は。皆の笑顔が輝いています。

  6. キヨ より:

    みんな楽しそうな顔して走ってますね〜♪

    少し暖かくなったけどナタリーはまだコートが手放せないですね。

    マルコも朝の散歩はコート必ず着てますよ(笑)

    夏彦君が一番後ろの理由、本当は遅いから??(爆)

  7. 小春母 より:

    わ〜、春近しですね〜。

    それにしてもポーラさんの笑顔癒されますね〜。

    後ろの夏彦氏のニャハハ顔、いい味出てます。

    調子に乗って“奥方様”にそんな態度、すんごい反撃に遭いますよー!

  8. ゆきぶー より:

    夏彦くん、いいパパなんですね〜。

    でも、みんな足が速そうだから、見守るパパは大変ですね。

    夏彦くんだけ走っている顔が必死に見えるのは私だけでしょうか?(笑)

  9. 夏彦 より:

    ☆きゃらママさん

    違うのだ!

    オデは家族のことを見守ってるのだ。



    ☆*sakura*さん

    オデはたしかにカッコよくて素敵なのだ。

    このランは標高600メートル位だからこの天気でも−2度だったのだ。



    ☆ママコさん

    アンジーは冬の間は外に出されると

    すぐに家や車の中に入りたがるね〜

    ナタリーよりも寒さが嫌いなのだ。

    オデは足は速いけど家族を見守る義務があるのだ。



    ☆の〜♪さん

    そうそうオデはどんな時でも家族を見守ってるのだ。

    アンジーはこの時オデに突進してきたのだ

    あぶないね〜



    ☆コロままさん

    オデは良いパパだけど

    ちょいとつらいこともあるのだ。



    ☆キヨさん

    暖かいと言ってもまだ気温はマイナスなのだ。

    ば〜っ!オデは遅くないのだ!



    ☆小春母さん

    たしかにポーラーは笑顔がい〜ね〜

    ユーはアンジーと同じ匂いがするのだ。



    ☆ゆきぷーさん

    見守るって事は以外とたいへんなのだ。

    必死に走ってるのではなく、スピードを制御してるのだ。







コメントを残す

calendar
2017年11月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
profile
夏彦 クリックするとどんな顔?
TOTAL:
TODAY:
YESTERDAY:
Pet Linksへ
search this site
recent entries
archives
Recent Comments
links
others
design customized

札幌 Web制作会社 カーバンクル


このページの先頭へ